スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | コメント(-) | page top↑
こんなことあるんだ
夏の風物詩
それはビアガーデン

老いも若きも男も女も
ビールが好きな人も、そうじゃない人だって
みんな集まって楽しくビール!
楽しくなくたって付き合いだってビール!
ビール! ビール! ビール!

ビールの飲めないあたしだって、1年に1,2度は必ず訪れます。
そしてビールを1口でギブして缶チューハイを飲みます(笑)

そんなビアガーデン。
今年も7月下旬にスタートしたので、友達3人と行ってきやした。
札幌で有名なビアガといえば、やっぱり大通公園。
横にずらっと長い大通公園に、各ビール会社のビアガが出ていて、どのブースも連日盛り上がっております。
コンビニで買出しして、6時半過ぎに到着したらもうどのブースもいっぱいで、1席の余りもないって感じ(>_<)
みんな何時から飲んでるんだよ、クソー!
とどんどん街の中心部から離れ、端っこのブースへと席を探しさまよい歩く・・・。

あいてる席を見つけて近づいたら、だいたい予約席だったり、席とりの人がぽつんと座ってたり、荷物で席とりしてたりする。
そんな中に、15席分くらいの大きな席を1人でぽつんととってるサラリーマンがいたのです。
ひとり小説をじっと読んでいたので
あたしと友達たちは「新入社員かねぇ。大変だわー」と通り過ぎました。

もう芝生の上に座って飲んじゃうかってなりかけたとき(そういう人、たくさんいる。でも今回レジャーシート持ってなかったから躊躇してた)
ちょうど帰宅する人見つけて、席をGET!
ようやくビール注文して乾杯!!!

んで、飲んでいたら、ちょうど席からさっきの席とり新入社員くんが見えたのです。
彼は周りが異常に盛り上がる中、ひとりでポツン・・。
どう見ても、席とりのために座っている彼を無視して、その席に座る客や、「ここあいてますかー」と話しかけてくる客が後をたたない。
そのひとりひとりに、彼は立ち上がり、腰を低くして、手を前で組み頭を下げていました。
ビアガの店員まで、その席に他の客を座らせようとしたりして、マジみんな空気読めない(`△´) 見たらすぐに彼が席をとってるのはわかるのに! その席に座ろうとするなんて、意味わかんねー!
あたしたちが飲んで食っちゃべってる間、かれこれ1時間以上、彼はひとりで席を守っていました。
たまに電話が来てましたが、誰一人、仲間が来ることはなく、席をとられそうになることは後をたちません。
「絶対営業マン!」「めっちゃイイ人!」
とウチらは次第に彼から目が離せなくなる(笑)
てか、もうここまできたら、仲間が来て、彼がビールをおいしく飲めるまで帰れませんよ!!

次第に、周りののんべぇたちも彼のことを気にかけはじめ・・・
オジチャンがビールを分けてあげたり、何度も話しかけにいってあげたり
サラリーマン風の人が話しかけにいったり
予約席をアピールするために、優しいオバチャンが紙皿をわかてくれて、テーブルに並べてくれたり
やっと気づき始めたバイトも割り箸をくれたり
みんな彼を心配し始めました。
彼のファンクラブと化したウチらも黙ってるわけにいきません(笑) お菓子をあげて、「大変ですねー頑張ってくださいね」と酔っ払いのノリで話しかけました(笑)
そのときも、彼は立ち上がり、腰を深々とおり、お礼をしてくきました。

その後も彼の仲間は来ず・・・
あと1時間でビアガも終了ですよというときに、やっと彼が立ち上がり、電話しながら手を振り始めたのです!!!
ついに、ついに仲間が来ました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

彼のとっていた席に続々と集まる男女。
どかどかと席についていきますが、誰も彼にねぎらいの言葉をかけてない・・・? しかも彼より年下風の学生風な男女もいる・・・? スーツ姿なのは彼くらいで、あとの人はみんなカジュアルな私服。しいていうなら、学校の先生みたいな服装の人たち。ひとりエラそうなオジサンがいて、その人が彼と何かと話をしている。
そのうち彼は買いだしにいった・・・・!
学生風の人たちがだらだらと座っているのに、スーツ姿の彼が買いだしに?

気づけば、彼のとっていたテーブルは席が足りなくなるほど人が増え
ビールのタンクも何個もセットされ、みんな飲み始めてる・・・が、そこに彼の姿はない!
ここから見えてないだけ?
と首を傾げつつ、こっちはこっちで飲んでいたんだけど、そのうち気づいた。彼が別のテーブルで飲んでいることに!!!
そこはどうやら先ほど彼にビールなどを差し入れしていたオジサンのテーブルのよう。
そこで彼はペコペコとお礼をしていたのです。
やっと仲間がきたと思ったら、自分は飲み会には参加せず、まず先にお世話になった人たちに挨拶まわりをしているのです・・・!
なんてこと(゚Д゚;)!
どんだけ気ぃ使いなのよーーーーー!

もちろん、ウチらのテーブルにも来てくれました。
なぜか手にはあたしたちがあげたお菓子やら、他の人たちからもらったお酒がビニール袋に入ったまま、持っていた。
あたしたちは「よかったですねー。何時間待ったんですか!?」と話しかけ ←2時間以上!!!
「もうお礼といかいいから、席に戻って飲んでくださいよ!」
って言ったの。
そしたら・・・・「いや、僕は飲まないので・・・」

え???

そしてそのまま彼は帰っていったのです・・・・・・!!!!!!!!




あたしたちが出した結論はコチラ。
1 彼はそういう席とりのバイトだった。(でもビアガって予約できるのに?)
2 彼はそういう調査の人だった。(こんなとき、日本人は親切にしてくれるか? みたいなTVとかの調査。めざまし調査隊みたいな)
3 彼はそういう飲み会を主催するイベンターの人。(でも席取るか??)


なんだか心配して損したというか、だまされたというか・・・。
こんなことってあるんですね・・・(・ε・)
【2009/08/02 23:25】 日々のこと | コメント(0) | page top↑
<<冬にしか見れません | ホーム | Orz>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。