スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | コメント(-) | page top↑
奈良京都旅行記よん
2月の奈良旅行。まだ1日目の夕方ですw
そのいち 旅立ち  そのに 春鹿さん編  そのさん カナカナ編


さて、ならまちをあとにして、おかんと別れ、ひとり平城宮跡にむかうあたし。
近鉄奈良駅にあるバス乗り場は広ーい。
平城宮跡行きのバスはどこだどこだ!?
走りながら探す。
一回間違って西大寺駅行きのバス停まで行ってしまい、引き返す(;゜(エ)゜)

なぜ西大寺駅からではなく、近鉄奈良駅からバスで向かうことにしたかというと
西大寺駅から出てるバスだと「平城宮跡前」みたいなとこで降りれるが
近鉄奈良駅から出てるバスで「二条大路南2丁目」で降りると、それが朱雀門に一番近くに止まる
という自己調査により、
朱雀門が平城宮跡のメインだと考えていたあたしは、
後者のバスに乗りたかったのだー!!
そして平城宮跡をぶらぶらしながら、西大寺駅の方へ歩いて行き、歩いて西大寺駅まで向かう予定をたてていた。
西大寺からも京都駅に向かう列車が出てるしね。
本当は時間があれば、西大寺から薬師寺にも行きたかったし・・・。
なので、西大寺駅のロッカーに荷物を預けていたのです。

はやる気持ちを押さえ、バス乗り場へ走る。
まだこのときも非常に焦っていたあたし。
まず1に、すでに周りが暗くなってきていたこと。そして、ずっと外にいるせいで、寒い。
その2に、おかんを待たせているので急がないと!
その3に、今日中に京都のホテルに行かないといけないので、時間もない、ということ。 


確か、11番のりばだったかな?
下調べしてきたバス乗り場に行くと、数分後にバスが来たので、記憶していた行き先と一緒だったので「よしこれだー!」と思いバスに乗る。

普段、駅そばに住んでいる人間なものでバスに非常に不慣れ。バスに乗るの苦手、毎回ドキドキするんだよねー。
なので、旅行中は特にドキドキ。
今回はバス乗り放題券があるからまだいいんだけど、料金払うのとかドキドキするよね(笑)

そしてそのドキドキは本当のドキドキとなるのです・・・((゚Д゚;≡;゚д゚))ギャ


バスに乗ったあと、自分の旅用メモ帳を見てみると
「36番、37番、160番のバス」とメモしてあるのに、なぜか自分が乗っているバスは38番?か何かで・・・
あり…(・ω・;)?
ありり…(・ω・;)(;・ω・)?
一気にひく血の気。
しかし、しかし今バスを下りても、訳ワカラナイ場所に下ろされて、さらに迷子状態になってしまうのがバスの怖いトコロ。
一番後ろの席でガイドブックやらなんやらを広げ、ひとつひとつ過ぎていく停留所の名前を確かめ、一応、目的の平城宮跡に向かっていることを確かめる。
持っているバスルートと同じ道を通ってる。
もし、この先、知らないバス停留所の名前や、ルートを外れた感じがしたら、そこで下りて、そこからタクシーで向かおうと決める。
もうひとつのドキドキは、昼間に購入したバス乗り放題券の範囲を超えたらどうしよう・・・ということ。

停留所がひとつ、またひとつと過ぎるたびにドキドキするマイハート><

あたしの祈りが通じたのか、バスの窓から朱雀門が見えてきたー!
そして、バス乗り放題券を出したら、追加金も出ずにOKでした(*´ο`*)=3 ホッ

バスを下りると、また寒いのね(´;ω;`)
ますます暗くなっていく奈良の街。
近くに見えた朱雀門も、停留所からは意外と遠く;
しかも工事中? の黄色の看板みたいのやらが置いてあって・・・よくわからない細道を通って、朱雀門に近づくというw
本当はここから入場しないのか??
遷都1300年祭本番2ヶ月前ということで、周りには誰もいないし、まぁええかと朱雀門まで歩いていく。
朱雀門はライトアップされています。

写真だと明るく見えてるけど、実際もっと暗いからね;
DSCN0781.jpg


世界遺産の石みっつめ。
DSCN0782.jpg


ひとりで記念撮影なんかもしちゃいます。
石の台にのせてセルフタイマーで撮るんだけど、なかなか朱雀門と自分がおさまるように写すのがムズイ。何度も撮り直してるうちに、たまーに後ろをチャリやらランニング中やらの人が通るし。ハズイ。
これは失敗作のひとつ。見切れております。
DSCN0784.jpg


記念撮影が終わると、だいぶ満足。
とりあえずそばにあったトイレでおトイレする。
遷都1300年祭の向けてか、めっちゃキレイなトイレでした。
緊張とあせりで、ずっとトイレをガマンしてたので、トイレがあってよかったー!!

手袋をはめて、マフラーを巻きなおし、ipodで剛紫さんを聴きながらひたすら歩く。
朱雀門を超えて、さらに向こうへ行きたいんだが、なんか道がなくて(たぶん、もっと横へ歩いて行けばあるんだろうけど、焦っていたあたしは朱雀門のすぐそばから入っちゃったw)
小さな堀? 小川みたいのを跨いで超えて
朱雀門の向こう側へ出てみると、これがやっと平城宮跡。
何もない、だだっぴろい草っぱらでした。
本当は剛っさんが撮影した場所とかに行きたかったんだけど、よくわからず。旅行前に見たブログでは、草っぱらにデコボコした突起みたいのがあって、そこでみんなは写真撮ってたぽいんだけど。。
そこはどこーーーーーー!??

ただひたすら前へ前へと向かう。
最初はちゃんとある道を通っていたが、そのうち道なき道を進むように(笑)
草っぱらをショーットカットw

遠く遠くに建物が見える。
あたしは朱雀門がメインだと思っていたが、実はあれがメインか・・・?
DSCN0789.jpg


まだ遷都1300年祭本番前ということで
どうやら2月当時、平城宮跡では工事の真っ最中みたいで・・・・
出来かけの何かがあったり、草っぱらのど真ん中に工事中の何かがあったり、黄色の看板がたくさん並んでいたり、仮設トイレがあったり・・・
暗闇で見たからか、よくわからん状態になってました。

ここでもう18時は軽く過ぎていたし
もう近鉄奈良駅を出発して30分以上も経過しているし、平城宮跡を満喫するのは諦めて
西大寺駅へ向かうことに。
しかし、それもどこをどう行ったらいいのかわからない!
下調べでは、資料館の方へ行けば、駅が近いのはわかっていたので、そこを目指していたんだけども。
そこがどこかわからず。
とりあえず、駅=線路の先ということで線路のそばまで行ってみることに。

途中で道路に描かれていた地図。
これを写真におさめ、これを見ながら進む作戦に。
DSCN0788.jpg


だいぶ歩いて、やっと見えた踏み切りを渡る。
線路を沿って行きたかったので、この地図でいうと右に方向チェンジ。今度は、線路沿いにひたすら右横へ進む。

寒い。暗い。心細い。
鼻水をたらしながら、半泣き(笑)状態で、歩くあたしの横を
列車がものすごいスピードで通り過ぎていく、その切なさね。列車なら一駅もない短い距離なのにね。。。

なかなか草っぱらは途切れない。
これが本当に心細かった。
なんであたし平城宮跡来たかったんだろう・・・来なきゃよかったとまで思った;
しんどいで西野が最後、草っぱらが
「おかーさん、僕は今イジメにあっています!!」って叫んでたけど
ほんとあたしも叫びたかったよ(笑)
「おかーさん、あたしは今奈良で迷子になっています!」とwww

そんなことは出来ないので
西大寺駅で待ちくたびれているだろうお母さんに「今駅まで歩いているが、なかなか着かない(´;ω;`)」とメールする。

やっと草っぱらを抜けたと思ったら、そこは目的の資料館ではなくて、どうやら工事のオッチャンたちの現場用の大きなプレハブ(笑)
たくさんの車が止まっています。
工事用の赤いランプが光ってる。

そのそばで、犬の散歩してるオッチャンに道を尋ねる。
若林並みに人見知りーなあたしは普段、というか旅行中にもめったなことがないと人に話し掛けて道を尋ねることなどしないのだ!!
だから今は異常事態なのだ!!!
「西大寺駅ってどっちですか?」
「こっちだよ。この道行って、右ちょっと行くとあるよ」

おっちゃんの言うとおり進むと、平城宮跡はどうやら抜けた模様。
しかし、今度は住宅街に迷い込んでしまった。
なんとか野生の勘で進むが、こりゃ完全なる迷子です(笑)
途中、派手なデカイ、カラオケ屋かゲーセンの看板を見たんだけど
今思えばそれはしんどいSPで菅ちゃんと行ったカラオケ屋でなかっただろうか・・・?
写真だけでも撮っておけばよかったんだけど、そのときは半泣き状態だったので気が回らず。確かめるすべがありましぇん。

途中、また人に道を聞き、「西大寺駅ってこっちですよね!??」みたいな。
「ここすぐだよ」って言われたんだけど
なぜかすぐにたどり着きません。

ずっとデカくて明るい建物(確かジャスコ?)を目印に歩いてて、そこにたどり着いたんだけど
そこは西大寺駅ではなかった(゚Д゚;)!!
ビルの中を通り抜けていくと
やっと駅が見えてきたー。゚(゚´Д`゚)゜。

しかし、なんか昼間見た風景と違うんですけど・・・・ってここ北口!??
ママンと待ち合わせしてるのは、コインロッカーのある南口。
辺りを見渡しても、どうやったら向こうに行けるのかわからん。たぶん簡単にいけるんだろうけど…
目の前にある駅の入り口は改札で、キップがないと中に入れない!?
もうパニック!!!
よくわからずママンにTEL。
「駅についたんだけど、北口についちゃったーーー!」
話が噛み合わず;
「とりあえず南口に集合しよう」ということに。

電話を切り、もう歩くのがイヤだったあたしは、一番安いキップを買って中に入ってしまう。
駅の中を歩いて南口に。
やっと見慣れた風景が出てきてホッとするが、そこにママンはいない・・・。

即TEL
「南口に着いたけど、どこにいるの!?」
「改札の外」
「あたし中に入っちゃったから、階段上がってきて」
「わかった。中に入ればいいのね?」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「・・・・え? どこ?」
「改札前に来たけど、あんたどこにいるの」
「南口の改札前にいるよ。昼間別れたでしょ」
「え? いないけど」
「なんでさ。あのコインロッカーのそばだよ? 昼間そこで別れたじゃん。ママがお茶してた喫茶店もそばにあるし・・・」
「え? そこって何駅?」
「何言ってるの、西大寺駅だってば」
「西大寺・・・? 奈良駅じゃないの?」

はっ(゚Д゚)!?

なんということでしょう。
ウチのお母さんは、今、近鉄奈良駅にいるという。
あたしは西大寺駅。
そりゃ同じ南口の改札でも出会えるわけがありません!!!!



1時間半前をプレイバック!
お母さんはもう疲れたということで、後ほど合流することにしていったん別れます。
荷物を置いてあるコインロッカーがある、さっきの駅で待っていておくれと・・・

はいココー!!

さっきの駅といういい方ね。
ここをお母さんは別れた近鉄奈良駅だと思って、別れた駅でずっと待っていたらしいのです。
あたしがここに戻ってくると思って。
あたしは先に西大寺駅まで行っておいて、あたしもあとで行くから、という意味で言っていたんだけど、まったく通じていなかった!
そりゃそうだ。
あたしは奈良でのルートを勝手に考えていて、お母さんはそれについてきてるだけだったからね。
(おかんは旅のルートとか考えるの苦手だから、あたしがその担当だった。特に奈良はあたしが行きたくて行った場所だから、おかんは無関心)

お互い「はぁ!?」状態になってしまったわけだけども
電話で言い合ってもしょうがないので
お母さんに西大寺駅まで電車で来てもらうことに。

そしてベンチでじっと待つこと10分ほど。
駅のTVでは、高橋大輔選手がオリンピックで胴メダルだったことを伝えていました。。。
やっとお母さんがきたのが19時前くらい。
ふたりとも疲れてるから責め合うこともなく、もう京都へ向かおうと。
お母さんはここまでのキップしか買ってなかったので、いったん改札を出てもらい(あたしはこの駅でキップを買ったので、出たら改札に挟まれると思われるため)
コインロッカーから荷物を出してきてもらい
京都へ向かうことに。。。




はい、まだつづく。
【2010/05/09 02:25】 旅行記 | コメント(0) | page top↑
<<おはなみ | ホーム | 京都奈良旅行記さん>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。